<< Christmas party shop >>

タティングレースの歴史

タティングレース(Tatting Lace)は、シャトルと呼ばれる舟形の小さな糸巻きに
巻いた糸を使って連続した結び目を作っていくレース編みの技法。

タティングの技法は古代エジプトにまで遡る事ができるとも言われるが
これはあくまでも実用を目的としたものと考えられる。
装飾的なレース技法としての起源は
16世紀のイタリアで基礎的な技法ができた。
また18世紀から19世紀にかけてイギリスを中心に流行し
貴婦人たちの優雅な趣味として、もてはやされた。など…

日本には明治時代初期にミッションスクールの宣教師が
伝え大正から昭和にかけて一大ブームを巻き起こしたという。

歴史などが明確には分からず、多くの疑問があるところが
mystery
[PR]
by handswim | 2005-12-09 07:54 | タティングレース
<< Christmas party shop >>